忍者ブログ
〓 Admin 〓
ピアノ講師、ブライダル奏者としての日常と その都度のはまりものへの情熱を綴るくだらな雑記別館。
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明け方変な夢を見た。
自分と友人二人は有名なピアニストのピアノコンサートに行くため
ホール近くの食堂街(オペラシティのイメージ)で時間を潰す。
その後開演近くなったのでホールに向うが、めいめい別に
チケットを取っていたため席はバラバラ。
入り口も違うということで一人は先に真ん中の入り口から入る。
もう一人とも違うようなので「トイレに入ってから行く」と別れる。
そんなことをしていると時間がなくなり、しかし入り口は見つからない。
「もしかして二階か?」とそこにいた清掃員に聞くとそうだと言う。
しかし行き方は教えてくれない(この辺、後楽園のイメージ)。
二階への螺旋階段を見つけるのだがそこにはサビと茨とクモの巣がビッシリ。
これは違うだろうと時計を見るとあと一分ない。
慌ててデカいエレベーターのボタンを押すと、そこはドーム状の
土造りの暗い洞穴で、「えっ、これでクラシックのコンサートに行くの?」と
疑問に思ったところで目が覚めた。
いくらうつ伏せに寝ていたからといってこの悪夢。
どういう意味があるのかしらん?

写真の本は図書館にリクエストして半年以上待った。
地方都市の閉塞感に圧迫される。
この救いのなさってどうにもならないことなんだろうと考える時が滅入るばかりだ。
ご一読の程を。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
本は救いがないの?
ぶー
誰か一人でも抵抗している人がいると
読んでみようかと思いますが、
まったく誰もが「暗黒の世界」という小説は
どうも苦手です。

夢面白かった!
私なんか東京にいたときに所属していた
合唱団のコンサートが終わったあとの打ち上げで
「河童橋で買ったうその寿司をおいて驚かそう!」としたら西城秀樹がそれに引っかかって
歯が変になった、という夢だったよ。
それにしてもなぜ今になって西城秀樹・・・?
2010/08/29(Sun)08:36:49 編集
Re:本は救いがないの?
救いがないと言えばまあそうなんですが、これって現実にアリだと思う。
作家さんが筆力があるので、ちょっと読んだら止められないんですけどね。
今、子供にも向けた「ソルハ」というアフガニスタンの物語を読んでいますが
どちらも「国」という大きな組織に対して抗えないという意味では似ています。
ピルカ  【2010/08/29 23:54】
プロフィール
HN:
ピルカ
性別:
非公開
職業:
ピアノの先生、ブライダル奏者、アルバイター
自己紹介:
1999から始め、各地を転々としてきたこのくだらなブログ。とりあえず新天地で重複仮営業中。
さくさくスイーツ
今はまっているゲームっス
最新コメント
最新記事
(09/01)
(08/31)
(08/30)
(08/29)
(08/28)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アンケート
アクセス解析
Copyright(c) ピアノの先生の生活 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]