忍者ブログ
〓 Admin 〓
ピアノ講師、ブライダル奏者としての日常と その都度のはまりものへの情熱を綴るくだらな雑記別館。
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、「初めてラテンエアロ」に出たんだけどさー。
チャチャチャってステップがあるのね。
右足踏んですぐその後ろに左足をかけて踏んでまた右足をその場で踏むの。
このステップ、先生が「何拍子だと思いますか?そう、三拍子」と言うのさ。
それについてはかなり抵抗があるのだ。だって三拍子じゃないもの。
チャ・チャ・チャ・ウン・チャ・チャ・チャ・ウンと休みがあるから二拍子なのだ。
三拍子ならチャチャチャチャチチャと永遠に続く。
先生はチャが三つで三拍子と思ったのか?
その後七回踏むステップが続き「三三七拍子」と言い切ったので、
確かにそういう日本的な評しての数え方という意味では三拍子だけどとも思うけど、
やっぱ違う。正しくない。
先生が一人で思っている分にはいいけど、生徒に教えるのはどうなのかなあ?
言った方がいいのか言わない方がいいのか。面倒だから言わないと思うけど。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
思い出したよ!
ぶー
確か、私が言っていたスポーツクラブでも
チャチャチャは3拍子でした。(笑)
もちろん、ピルカさんのように私の頭の中にも「はてなマーク」がいっぱい。
だいたい、難しいステップになればなるほど
「リズム譜」を頭に浮かべてから踊っているので、
先生が「3拍子」というたびに
その小節の拍子を変えてしまって、踊りにくいったらありゃしない。
イントラの皆さん、あれを3拍子と呼ぶのはやめて欲しいです。
2010/08/21(Sat)09:15:56 編集
Re:思い出したよ!
先生がそう思っているだけならいいんだけど
生徒に「何拍子でしょう?」って聞いて正解として出すのは
まずいのではないかと思うのよ。
しかし日本的に「手拍子の数」と考えるとあながち間違いではないという。
でもワルツじゃないもの!いかんよねー?
ピルカ  【2010/08/21 20:15】
プロフィール
HN:
ピルカ
性別:
非公開
職業:
ピアノの先生、ブライダル奏者、アルバイター
自己紹介:
1999から始め、各地を転々としてきたこのくだらなブログ。とりあえず新天地で重複仮営業中。
さくさくスイーツ
今はまっているゲームっス
最新コメント
最新記事
(09/01)
(08/31)
(08/30)
(08/29)
(08/28)
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アンケート
アクセス解析
Copyright(c) ピアノの先生の生活 All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]